江戸川区 西葛西 日本糖尿病学会「糖尿病専門医」

西葛西駅前糖尿病クリニック

ブログ

あなたの血圧を見直しませんか?原発性アルドステロン症の話


寒暖差が大きく、服装や体調管理が難しい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
年末年始は、忘年会・クリスマス・お正月など、イベントが多く、つい暴飲暴食をしてしまう方も多いかもしれません。
我々医師からすると、みかん・餅・ケーキなどで血糖値が高くなる方、寒さや塩分の摂りすぎで血圧が上がる方を診察で多く拝見するシーズンです。

副腎イメージイラスト

「本日は高血圧、特に内分泌疾患による高血圧のお話を以下のテーマに沿ってお話をさせていただきます(各項目をクリックすると該当の箇所まで移動します)
何か皆様の血圧治療を見直すヒントになればと思います。

  1. ①高血圧の人はどれくらいいるの?なぜ血圧は上がる?治療は?
  2. ②本態性高血圧と二次性高血圧
  3. ③原発性アルドステロン症ってどんな病気?

①高血圧の人はどれくらいいるの?なぜ血圧は上がる?治療は?

高血圧は日本で4000万人の方がかかっている国民病と言える病気です。
高血圧はほとんどの場合症状がなく、サイレントキラー(静かな殺人者)とも言われています。
症状がないため、健診などで高血圧と言われても放置してしまう方も少なくなく、1/3程度の方が自分自身が高血圧であることに気づいていないと言われています。
高血圧を放置すると動脈硬化が進行し心筋梗塞や脳卒中の危険性が高くなってしまいます。
なるべく、若いうちから継続して血圧をコントロールしていくことが重要です。

【血圧が上がる原因】
血圧は、血管の弾性(硬さ)、交感神経の緊張、体液量(血液量)等様々な因子で決まってきます。
血圧に関しては、水圧をイメージしてみてください。水道の蛇口にホースをつなげたとき、ホースの硬さ(ホースの指先の締め付け具合)、水量(蛇口のひねり具合)で水圧が変わりますよね。

血圧は遺伝的要因、環境要因、加齢によって上がると言われています。 環境要因として、塩分の摂りすぎ、肥満、運動不足、喫煙、ストレスが挙げられます。

塩分の摂りすぎ ]  塩分濃度を下げるため水分を体に溜め込み、血液量が増えて、血圧が上がります。
肥満 ]  内臓脂肪が増えると、交感神経やホルモンの乱れで血圧が上がりやすくなります。
喫煙 ] 末梢血管が締まり、血圧が上がります。
ストレス ] 交感神経の働きを高めたり、ストレスで上昇するホルモンの作用で血圧が上がりやすくなります。
加齢 ] 若いときは血管が柔らかく、勢い良く血液が流れてきても血管の壁がクッションになり、血圧は上がりにくく調整できます。ホースが古く硬くなり膨らみにくくなるように、加齢とともに血管の壁が硬くなり血圧は高くなります。

【治療】
食事 ]
・塩分を控える。
・野菜、食物繊維を多めに摂る。
・動脈硬化のリスクを下げるため、コレステロールや飽和脂肪酸の多いものは避ける。
節酒 ] 習慣的な大量飲酒は血圧を上昇させます。ビール500ml、日本酒1合までが目安です。
禁煙 ]
 1本タバコを吸うと、15分以上血圧上昇が持続すると言われています。
喫煙は動脈硬化を促進させ心筋梗塞や脳卒中のリスクとなりますので是非禁煙を目指しましょう。
ストレス ] ストレス軽減、十分な睡眠
血圧測定 ]
 病院受診や健診のときだけでなく、普段の血圧がどれくらいになっているかの把握が重要です。
病院だと緊張で血圧が上がる白衣高血圧の方もいるため、家庭で定期的に血圧を測定することでご自身の血圧を把握することが重要です。
家庭血圧135/85以上を高血圧と定義します。130を超えるようであれば、注意する必要があります。
朝と寝る前の2回測り比べていただくと、日内変動(1日の中での血圧の変動)、日差変動(日の違いによる血圧の変動)をみることで、高血圧のタイプを推定したり、薬物療法の治療効果の判定が可能となります。
測定した血圧は、血圧手帳やスマートフォンのアプリでの記録をつけていただくことをお勧めします。
日本高血圧学会では、ホームページで「家庭血圧の正しい測り方」を一般に向けて分かりやすく情報提供しています。こちらもぜひ参考にしてください。

②本態性高血圧と二次性高血圧

【本態性高血圧】
単一の原因によらない、いわゆる普通の高血圧症、高血圧全体の90%
遺伝的素因、加齢、塩分の取りすぎ、運動不足など、様々な要因が関与しております。
【二次性高血圧】
血圧を上昇させる原因が単独であり、因果関係が明らかな高血圧。高血圧全体の約10%を占めます。 原因としては、腎臓や内分泌の病気が多いです。 原因となっている疾患の治療により高血圧の完治または軽減が期待されます。
内分泌疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、パラガングリオーマ、甲状腺機能亢進症)の他に、腎血管性高血圧、睡眠時無呼吸症候群があります。

③原発性アルドステロン症ってどんな病気?

二次性高血圧の中でもっとも頻度の多い原発性アルドステロン症についてお話します。
他の二次性高血圧についてはいずれブログや診療案内で触れさせていただきます。

【1】アルドステロンとは?
アルドステロンは、副腎という臓器から分泌される「体液を調節し血圧を維持する働きを持つホルモン」です。
副腎は両側の腎臓の上に位置する2cm程度の大きさの臓器で、副腎皮質から、糖質コルチコイド(コルチゾール)、鉱質コルチコイド(アルドステロン)、性ホルモン(アンドロゲン)を分泌し、副腎髄質という箇所から、カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン)を分泌し、生体を維持する働きがあります。

副腎イメージイラスト

【2】原発性アルドステロン症とは?

<レニン、アルドステロン>
健常状態だと、副腎からのアルドステロン分泌は、体液量の低下を感知した腎臓から分泌されるレニンによってコントロールされております。
レニンが高いときはアルドステロンも高くなり、レニンが低いときはアルドステロンも低くなるのが通常です。

一方、原発性アルドステロン症という病気では、レニンが低くても勝手に副腎からアルドステロンがいっぱい出過ぎてしまう(過剰産生と言います)病気です。
高血圧の方で、この病気を疑い検査をしたときにレニンが低く、アルドステロンが高い(アルドステロン/レニン比200以上)結果のときに原発性アルドステロン症と診断(正確には薬剤を用いた機能確認検査を行うことで診断)されます。

<原因>
❶副腎腫瘍が原因となる方と、❷左右両側の副腎全体からアルドステロンが過剰産生される方に分けられます。
その診断には、左右どちらの副腎からアルドステロンが過剰産生されているかを調べる必要がありますが、副腎が腫れていて大きければ過剰産生しているとは限らないため、CT・MRI等の画像検査だけでは左右どちらが病変かは判断がつかず、大学病院等に入院してカテーテルを用いた入院検査(副腎静脈サンプリング検査)が必要となってきます。

<治療>
❶のタイプの場合、副腎静脈サンプリング検査の結果、腫れている副腎からアルドステロンが過剰産生されていれば、入院手術によって摘出することで、血圧の改善が見込まれます。
高血圧になってから短い方、若い方、女性では高血圧自体の治癒が多く見込まれると報告されています

❷のタイプの場合、手術の対象とならず、薬による治療が行われます。
一般的な降圧薬の他に選択的アルドステロン拮抗薬という、アルドステロンを抑える薬を用いた治療となります。
❶のタイプの方でも、副腎腫瘍はほとんど良性腫瘍なので、高齢者、手術リスクの高い方、手術を望まない方の場合、薬による治療も可能です。

<なぜ、原発性アルドステロン症かどうかの診断が重要か?>
3剤以上の降圧薬を用いても目標血圧に下がらない状態を「治療抵抗性高血圧」と言います。
原発性アルドステロン症は治療抵抗性高血圧の20%を占めると言われています。
アルドステロンの直接的な心臓・血管への作用により、心血管合併症が多いと報告されており、本態性高血圧(一般的な高血圧)に比べて脳血管障害5倍、心筋梗塞5.8倍、心房細動が12倍にものぼると言われております。

画像検査や副腎静脈サンプリング検査、その他精密検査は地域の総合病院や大学病院にご紹介させていただくことになります。
最初の疑いをかけるホルモン採血は当院で対応可能です。
疑って検査をしないと診断できない病気であり、アルドステロンが高いことで臓器障害も起こりやすくなるため、もし血圧の薬を3種類飲んでも血圧が高い方は是非一度当院を受診いただければと思います。 ご相談、ご来院をお待ちしております。


シェアする ツィッターシェアボタン ラインシェアボタン

医療法人社団 博清会 
西葛西駅前糖尿病クリニック

西葛西駅前糖尿病クリニックアクセス地図
東西線「西葛西」駅(南口)徒歩1分
江戸川区西葛西6丁目16-4 ニューガイアビル7階
(2階ドトールコーヒーさんGoogle map

診療時間
9:00〜12:00
最終受付11:30
14:00〜17:30
最終受付17:00
★第1・3・5土曜日は午前のみ診療
【休診日】火/第2・第4土/日/祝日


お支払いには各種クレジットカード
交通系ICカードがご利用いただけます

お支払い可能カード例

お気軽にお電話ください
お気軽にお電話ください