江戸川区 西葛西 日本糖尿病学会「糖尿病専門医」

西葛西駅前糖尿病クリニック

ブログ

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)①覚え方


HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)という検査項目について、健診や病院での採血で目にしたことはありますでしょうか?

血糖値:その場の数値(食前、食後で変動します)
HbA1c:過去1~2か月の血糖値の平均を表す指標(赤血球Hbヘモグロビンにくっついた糖を測定)
赤血球Hbヘモグロビンにくっついた糖のイラストとなります。その組み合わせでチェックし、状態把握し、生活・治療について一緒に相談していく検査指標となります。

それでは「いくつ以上だと糖尿病?」「HbA1cはどう覚えたら良いのか?」
といった項目について、本日はお話したいと思います。

【いくつからが予備軍?糖尿病?】
〜5.5%・・・正常
5.6〜5.9%・・・正常高値
6〜6.4%・・・糖尿病疑い(予備軍)
6.5%以上・・・糖尿病型(※)

※血糖値の検査やブドウ糖負荷試験などを組み合わせて糖尿病の診断となります。

6.5%以上だと糖尿病ですが、6-6.4%の予備軍の段階でも、将来的な動脈硬化の初期段階が始まります。糖尿病は症状がない病気のため、早めの受診が望ましい理由となります。

【覚え方】
体温に例えて、ざっくりと覚えると覚えやすいです。
6%・・・36℃ ほぼ正常
7%・・・37℃ 糖尿病合併症リスクが出てくる
 内服治療開始
8%・・・38℃ 感染症リスク、傷が治りにくい
 内服治療追加、注射(インスリン、GLP-1)考慮

医師に相談しているイラスト『健診でHbA1c7.2%で、糖尿病と言われて来ました』という方がいたとしたら、「体温に例えると37.2℃みたいなもので、すごく高いわけではないし症状もないかもしれないですが、体調や他の病状も確認の上、食事療法や内服治療を始めていきましょう」という説明になります。

『10%です、喉が渇き、頻尿です』という方がいらしたら「体温に例えると40℃の状態となります。血糖値が上がっている原因を検査やお話を聞きながら、入院やインスリン治療の必要性も考えていく必要があります」となります。

HbA1c6.3%の場合、「36.3℃ですね、まだ大丈夫ですね」とはならず、「6を超えたら、糖尿病予備軍の段階で、更に上がらないように食事運動療法から始める、健診を毎年受ける必要性がありますね。」となってしまいます。体温で覚えるという話と矛盾が出てすみません。糖尿病は[早期発見・早期治療]をすることで合併症や健康障害の予防が可能な病気です。6を超えてきたら要注意!と思ってください。

これから健診のシーズンになってくると思います。「ちょっと高い」の段階で気に掛けるようにしてください。

次回以降で、目標値(年齢、手術、妊娠)、血糖値とHbA1cがずれる場合についてもお話できればと思います。


シェアする ツィッターシェアボタン ラインシェアボタン

医療法人社団 博清会 
西葛西駅前糖尿病クリニック

西葛西駅前糖尿病クリニックアクセス地図
東西線「西葛西」駅(南口)徒歩1分
江戸川区西葛西6丁目16-4 エスペランス7階
(2階ドトールコーヒーさんGoogle map

診療時間
9:00〜12:00
最終受付11:30
14:00〜17:30
最終受付17:00
★第1・3・5土曜日は午前のみ診療
【休診日】火/第2・第4土/日/祝日


お支払いには各種クレジットカード
交通系ICカードがご利用いただけます

お支払い可能カード例

お気軽にお電話ください
お気軽にお電話ください